毛穴の黒ずみ改善にはちみつパック

毛穴の黒ずみには、はちみつを使ったパックが効果的です。はちみつは美容や健康によいということで評判ですが、じつは肌に塗って使用することもできるのです。

 

食べるだけではなく、パックとして使っても効果があるのです。はちみつには抗菌作用や殺菌作用、消炎作用の成分がふくまれているので、美肌を目指すならとてもおすすめです。

 

また、保湿効果も高いのでパックすることで、お肌がすべすべになることを実感することでしょう。はちみつパックのやり方ですが、まず顔の汚れをスッキリ洗い流して清潔にしてから使用します。

 

ですのでお風呂あがりに使用するのがおすすめです。それから、はちみつを適量手にとって肌に少しずつ塗っていきます。毛穴の黒ずみが気になるところは、とくに丁寧に塗りこむようにします。そして3分から10分くらいそのままの状態で放置します。

 

その後、軽くマッサージをして、きれいに洗い流して終了となります。とても簡単なので、時間の空いた時に誰でも簡単に毛穴の黒ずみのケアができます。

 

注意すべき点は、顔にキズやニキビなどがある場合、その部分は避けてパックするようにしましょう。そして、できれば日本産のものを使用するのが安心です。

 

 

 

水洗顔で毛穴の黒ずみが改善?

クレンジングで落としきれなかったファンデーションや日焼け止め、古い皮膚やホコリなどが毛穴に溜まると、やがて皮脂と混ざって酸化します。それがカチカチに固くなると角栓になり、毛穴の黒ずみに繋がります。

 

この症状をケアするには、毎日の洗顔が大切になってきます。洗顔というと、洗顔料を良く泡立てて行うと良いと言われていますが、実は毛穴の黒ずみケアには水洗顔も効果的です。ただし、やり方を間違えると毛穴の黒ずみが改善しないばかりか、乾燥肌をまねく可能性もあるので気を付けましょう。

 

水洗顔は、名前の通り洗顔料やクレンジングを使わずに、水だけで顔を洗う方法を言います。水だけで顔を洗うので、肌への負担が非常に少なくなくなることがポイントです。

 

さらに水洗顔で注目したい部分は、必要以上に皮脂を洗い流さなくて済むということです。皮脂が多く分泌されると、Tゾーンのテカリやニキビ、そして毛穴の黒ずみの原因である角栓ができやすくなってしまいます。

 

かといって過剰に皮脂を取り除きすぎると、肌は皮脂の分泌が足りないと錯覚してしまいます。つまり、洗顔のしすぎで起こる皮脂の過剰分泌を防げるのが、水洗顔の大きな魅力です。

 

洗顔をし過ぎてるなと感じてる人は、1日1回の洗顔を水洗顔に変えてみましょう。

 

 

 

腕に発生する毛穴の黒ずみ

毛穴はどんな人にも存在していますが、色素沈着で黒ずみが発生することもあります。特にそれは腕に発生してしまうという方が多いです。

 

その理由には、腕は多くの時間衣服と触れている為、常に刺激が入ってしまう状況にあります。また腕をかく癖がある人も多く、自然と皮膚に負担がかかって炎症が一時的に発生してしまいます。

 

炎症自体はじきに収まりますが、常習的に発生してしまうと、自然と皮膚に負担がかかり色素沈着が起こり、結果として腕の毛穴に黒ずみが発生してしまいます。また、一度発生してしまうと目立ちやすいことと治すことにも時間がかかってしまいます。

 

治療法としては、毛穴の黒ずみがある部分を専用のクリームで温めて代謝を促進させます。皮膚のターンオーバーを促進させることで徐々に色素沈着した皮膚をはがしていき、綺麗でダメージのない肌に入れ替えていくことが可能となります。

 

しかしその間にも腕への刺激は与え続けられている為、根気強く行っていくことが大切です。また、一度完治しても刺激が増えると再び発生してしまうケースもあります。

 

また衛生状態が悪くなると、自然と毛穴に汚れがたまって、でき物や炎症を起こしてしまい悪化する可能性もあります。

 

そのため、治療する際は常に清潔と低刺激を保ちつつ、根気強くターンオーバーを促進させていくことが求められます。

 

 

 

馬油で毛穴の黒ずみをケアできる?

毛穴の黒ずみは、なかなかケアが難しい肌トラブルです。特に鼻にできてしまったものは角栓がビッシリと詰まってしまい、パックやピーリングをしても取りづらいという特徴があります。

 

無理に指で押し出すと肌を痛めてしまう可能性があり、炎症やシミなどに悪化することもあるので注意が必要です。肌にダメージを与えずに、綺麗に毛穴の黒ずみをケアしていくには馬油の活用がおすすめです。

 

馬油は名前の通り、馬の皮下脂肪を原料として作られた皮脂です。古くから薬として用いられており、保湿や肌の保護にとても有効だといわれています。そのため、シャンプーやハンドクリーム、化粧品に多く活用されています。

 

馬油というとベタベタとしたイメージがありますが、使い心地がさっぱりとしていることが特徴です。さらに人と馬の脂は非常に良く似ているので、肌への負担が少ないというメリットもあります。

 

この馬油を洗顔後の清潔な肌の塗布することで、気になる毛穴の黒ずみの角栓を柔らかく取れやすい状態にすることができます。

 

その結果、パックやピーリングなどを行わなくても、いつものクレンジングや洗顔だけで角栓を取り除くことができるので、黒ずみ対策に効果的だと言われています。

 

 

 

乳液は効果的ですか?

毛穴の黒ずみ対策には乳液を使った洗顔があります。乳液に含まれる油分を毛穴の黒ずみの原因である皮脂になじませることで皮脂を溶かし、汚れを落とす仕組みです。

 

一般的な洗顔料での洗顔に比べると肌がつっぱりにくく、仕上がりがモチモチになりやすいです。続けることで肌のターンオーバーを正常に整えることができるため、肌が明るくなることもあります。

 

毛穴の黒ずみ対策の乳液を使った洗顔では、蒸しタオルを使います。タオルを電子レンジで40秒ほど温め、蒸しタオルを作り、顔の上にのせ、毛穴を開かせます。タオルを温めすぎると火傷するため注意が必要です。4回から5回程度行います。

 

乳液を手の温度で温めてから顔全体をマッサージします。小鼻や頬などの気になる部分はおしまずに入念に行います。最後に水、もしくはぬるま湯で洗い流します。洗い流した後には、普段使っている洗顔料でいつも通りに洗います。

 

最後に化粧水で毛穴を閉じます。化粧水を冷蔵庫などで冷やす方法もありますが、商品によっては化粧水が劣化することもあるため、商品に合った使い方を行うようにします。

 

引き締めるためには、冷水で顔を洗う方法や冷蔵庫で冷やしておいた保冷剤を使う方法などもあるため、自分の肌に合わせた方法で行います。

 

 

 

関係性があるサイトの紹介

毛穴の黒ずみ対策がわかったところで、他の部分の黒ずみ対策を知りたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

色々な部分の黒ずみに悩まされている人がいます。そういう方に役に立ちそうなサイトをここで紹介します。